×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Custom Cards with 情報屋パルミエ

<操作>

ゲーム中はマウスで操作します。

・DRAW2は重ねられるがDRAW4は重ねられません。
・チャレンジ可能。ただし黒カードはチャレンジの対象に入りません。
・最後に黒いカードは出せません。
・最後の1枚の時には宣言しなくて大丈夫です。

<ルナティックモード>

このモードは通常決まっているカードの種類、色がゲーム毎にランダムになるモードです。
すべてランダムで決められるので、緑のDraw4や黒のSKIPなど、通常ではありえないカードも出る可能性があります。
この時、色を変えられる機能は「黒いカード」に、チャレンジは「Draw4」のカードに付加されます。

<チャレンジ>

「チャレンジ」はUNOの遊び方にも書いてるルールです。
詳しくはそちらを参照してください。
ここでは簡単な解説にとどめます。

Draw4のカードを出したとき、出された方にチャレンジする権利が発生します。

チャレンジしないとそのまま4枚引くことになりますが、
チャレンジした場合、成功するとDraw4を出した人が逆に4枚引きます。
失敗すると、Draw4を出された人は6枚引かなければなりません。

チャレンジの成否はDraw4を出す前の場の色のカードを
Draw4を出した人が持っているかどうかで決まります。

場の色が「赤」で手札にも「赤」があるのに
Daw4を出してチャレンジされると、チャレンジ成功です。

一言でいうと、
出せる色カードがあるのにわざとDraw4を出したのを見ぬくかどうか?
ということです。